フォトフェイシャルとレーザー治療の関係

前回の続きですが、レーザー治療は、あなた達の中でも、何人か受けたことがあると言う人がいると思います。
(笑顔)施術後からしばらく、その部分は日光に当ててはいけないことになります。
ですから、ずっと絆創膏を貼っておく必要があります。
※もちろん、肌が再生するまでは、化粧もできません。
(汗)※その部分に色素沈着の危険性もあります。
(汗)※顔全体に光を当てても大丈夫です。
良いでしょう。
また、肌トラブルにまとめて効果があります。
ですから、女性にはとても嬉しい治療方法ですよね。
シミ、シワ、毛穴のトラブル、肌のハリを戻すなどができます。
(笑顔)レーザー治療のように一部分のシミをとるようなピンポイント治療ではありません。
(笑顔)または、肌、全体に照射しなくても、気になる部分だけに照射することも可能です。
良いでしょう。
※レーザーと違って、肌へのダメージも殆どありません。
気になる顔の絆創膏もなしで良いですよね。
これがフォトフェイシャルのメリットになります。
(笑顔)フォトフェイシャルの方が良いように言ってきましたが、レーザー治療と、フォトフェイシャル、どちらが良いのかについては、その人にもよります。
シミを綺麗にとりたい場合、フォトフェイシャルよりは、レーザーの方が綺麗に取れる可能性はあります。
また、費用も双方を比べるとフォトフェイシャルのほうが高いですね。
ですから、肌トラブルの程度、大きさでは、レーザーの方が安くあがるかもしれませんね。
(笑顔)