人手不足な看護師は求人多い?希望通りの職場は見つかりやすい?

現在も、看護師は人手不足となっているのです。
この人手不足をなんとかするには、かつて看護師の資格を取っていながら何かしらの理由で、看護の仕事から離れている人に、看護師としての仕事に就いてもらうことが良いと感じられます。
柔軟な働き方ができるよう医療機関が良くない部分を改めていくべきなのです。
病院で看護師として働くために資格取得は絶対条件ですが、その難易度はどれ程のものなのでしょう。
看護師国家試験の受験生の合格率ですが、90%近くが毎年合格できているようです。
試験内容も、学校の授業を普通に勉強していた人だったらそれほど苦労なく合格できるものですから、そこまで看護師の資格取得は難しいものでもないようです。
病院内での看護師長の仕事と言えば、各病棟のとりまとめのほか、上司にあたる看護部長のサポートや、部下にあたる看護師の指導などで、一般の会社組織においては課長職に近いものです。
課長職の年収とはいえ中小企業と大企業では全く違うのと同様に、看護師の収入も、勤めている病院の大きさで違ってくるのです。
または、公立と民間、地域によっても差があって、具体的には、最も収入の良い公立病院に勤めた時の年収は、約750万円と言われているようです。
よくキツイと考えられがちな看護師の仕事。
勤務するのが、労働基準法で言われている「8時間」でおさまることは夜勤勤務の必要のない、個人医院やクリニックのような場所以外では難しいと思われます。
二交代制の病院勤務の一例を挙げると、休憩を挟むとは言っても、合計して16時間勤務となることもあるのです。
労働時間が長いということも看護師として勤務することが過酷であると考えられる理由だと言えるでしょう。

看護師転職のきっかけは人間関係?退職理由を調査【転職経験者の口コミ】